学びという旅

人生というのは旅そのものだと思うし、死ぬまでその道路は続いてるんだと思う。

終わりは死ぬ以外にはないんだ。だから面白いのかもしれない。

20代をまもなく過ぎ去る頃に僕はそのことを学んだ。もしかしたら人生で一番大きな収穫だったかもしれない。

ここから始めよう。そう思った。

あらゆることに確実性がないというこの宇宙において、その処世術は僕にとって救いのように思われた。あらゆる物事は波のように来ては過ぎ去り、その過程は旅である。

美しい言葉で僕がこの世界を語れる日を夢見て。

しょうご