月星座から学ぶ ”在り方”

しょうごです。

 

月星座について喋りたいと思います。

月星座から学ぶ ”在り方”について。

 

月星座とは、つまりあなたが生まれた時に月がどの星座に位置していたかということです。

 

ホロスコープ(出生図)において、月と太陽含め10個の天体の星座を総合的に見ますが、

 

やはり月はかなり重要なのです。

 

月と太陽の星座がその人の2トップ主軸といったところですが、

僕は現代社会においては月が最も重要視されるべきなんじゃないかと思ってます。

 

というのも太陽星座(いわゆる朝の星占いで見てるのがこれ)は、対外的な外に向けたエネルギーを現すのに対して、月はもっともパーソナルで私的なものです。私的な情緒および感情です。

 

なので、月星座の欲求が満たされてないと、外でどれだけ動こうと「なんだかなあ、、、」となるでしょう。

 

そして従来、仕事などの適職判定においては、月よりも太陽星座を重視する傾向であったかと思うのですが(太陽星座は対外的なエネルギー燃料なので)

 

仕事と私生活の垣根がもはやなくなってきている現代社会においては、

月星座の方が重要なんじゃないかと僕は思っています。

(僕は人のホロスコープを見る時、真っ先に月を見ます)

 

事実、欧米の心理占星術の重鎮ノエルティル氏などは、月のハウスと星座を適職天職判定において、めちゃくちゃ重要視しています。

 

つまり、

職業においても、自分独自の私的な情緒感情の欲求を満たすことが大事だということです。

 

 

で、今回、僕が個人的に趣味で気になっている人を紹介しながら話したいと思うのですが、

Instagramでめちゃくちゃ活躍している 小山かんな さんというフリーランスモデルの女の子がいます。

 

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

Kanna Oyamaさん(@kanna0123)がシェアした投稿

 

僕がなんで彼女を気になってるかというと、

月星座が僕と同じ水瓶座だからです。

 

僕は写真も好きなのでずっと前から彼女のインスタはフォローしてたのですが、

月星座が同じ水瓶座だと知って、思わずうなりました。笑

 

なるほど、と。

うむ、って。

 

僕はかんなさんとは喋ったことも会ったこともありませんが、

彼女が毎日のようにインスタupしているその写真から伝わるナチュラルな”超然とした佇まい”、”在り方”にまさに水瓶座的要素を感じるのです。

(おそらく彼女は何も取り繕ってません。素ですね。ありのままの正真正銘の自分で撮られているという感じでしょう。)

 

水瓶座とは、

頑ななまでに自分の個性やオリジナリティを表現したい欲求であり、

反骨精神からくる独立心、どこまでも自由を求める心であり、

慣習を嫌い社会を革新したい欲求であり、

常識を鵜呑みにしない考え方、

感情に惑わされずに真理を追求する、

ローカルな場からできるだけ離れ、より俯瞰的な知性によって世界を理解しようとする

などのイメージがあります。

 

彼女のツイートを見てもそのようなものを感じるわけです

 

 

※正直、山羊座を過ぎた、水瓶座と魚座は、現世利益的でない理想みたいなものを求める傾向にありますね。どこか人類的というか。水瓶座と魚座は12星座のサイクルで考えると人間の最終形態2つです。

 

彼女の月が水瓶座というその”在り方”が、僕が彼女の写真が好きな理由なのかなあと思ってます。

自分の理想の在り方をどこか重ねてるというか。

何よりその水瓶座的な在り方が僕自身しっくりくるのです。

 

もちろん、月星座が同じだから全て性質が同じというわけではありません。

ありませんが、月というのはかなりその人の核なので、

やはり”在り方”に滲み出てくる感があります。

クライアントなどを見てても見当違いというのがないです。

 

ちなみにキムタクも月が水瓶座です。

孤高なまでに自分を貫く信念

みたいなものを感じますよね。

 

ということで、僕はキムタクを目指せばいいのですw(どやさ)

 

 

ですので、、

あなたの月星座を調べて、すでに豊かに生きてる同じ月星座の人の”在り方”を参考にしてみると新たな発見があるかもしれません。

 

 

ではー