トラウマとの対峙(ソーラーアーク水星=冥王星)

しょうごです。

 

ホロスコープは、人の内なる宇宙の流れを表します。

もちろん、Astrologer(占星家)の僕自身も例外ではないです。

 

僕は最近、自分の“影”と向き合っているところです。

インナーチャイルドワークをやって、過去の子供の頃の自分の感情と向き合っています。

 

過去の子供の頃に抑圧した感情を、イメージの中でその頃に戻って、感じ切ってあげる(統合)ヒーリングです。

 

インナーチャイルドワークをやっている時は、ぐぐっと主観的にその子供の頃に戻って、抑圧されていたネガティブな感情を“感じてあげる”のですが、

 

もちろんAstrologer(占星家)としての客観的な僕がいるわけです。

 

ホロスコープ的に今僕自身に起きていることを見てみましょう。

 

※内円が僕の出生図、外円がソーラーアーク進行図

 

今現在の僕の状況を表す顕著な時期表示として、

SA水星=冥王星

があります。

 

※出生図の位置から全ての天体を約1年1度反時計回りに動かしたチャートがソーラーアーク図(上の外円)です。ソーラーアーク法は、人の時期表示を極めて意義深く表します。

 

今現在、僕のソーラーアークの水星が、出生図の冥王星にコンジャンクションです。オーブ(誤差)は0.09度と接近中。

 

もう一度書くと、

 

ソーラーアーク(SA)水星 = ネイタル冥王星

 

水星は、物の考え方とかマインドを表します。

冥王星は、魂の傷とか、それを癒すことによる“変容”を表します。

 

つまり、

僕の意識(水星)が過去のトラウマ(冥王星)にフォーカスする

ことを示唆します。

 

現在進行形のSA水星が、冥王星のディープな潜在意識に抑圧された負の感情を取り込んでいる、ということです。

宇宙の流れ的に、僕の意識が冥王星のテーマに焦点がいくということです。

 

そして今後、過去のトラウマとの対峙から生まれる新たな視点の獲得(冥王星)が予期されます。

 

僕は特にネイタル冥王星が8ハウスという感情的にディープなところに位置しているので、この影響は強くでると自覚しています。

 

そんな感じです!

 

 

 

ホロスコープというのは、あなたのポテンシャル(潜在力、潜在的可能性)を示しています。

 

だから、ホロスコープに“使われる”のではなく、自らが自分の人生に本音で参加し、潜在的な可能性を生かしていくのです。

 

ホロスコープに“惑わされる”従来のウラナイ的な生き方ではなく、ホロスコープを参考にしながら意図的に自らの可能性を掴み取っていくのです。それが現代の心理占星術の核心です。

 

ホロスコープの情報は信じるべきものではなく、知っておくと良いことなのです。