Teal Swan(ティールスワン)のホロスコープがほぼ判明!

しょうごです。

 

えーけっこう嬉しいことがありました。

ティールスワンのホロスコープがほぼ判明しました。

※ティールスワンを知らない方はこちら参照下さい

 

今まで出生時刻不明のため詳細が分からなかったのですが、

今回ティールのトラウマ感情のヒーリング法 Completion Processのプラクティショナーの方から詳細を得ました。

引き寄せたw

ありがたや。

貴重な情報です。

 

“I am a gemini Sun sign, Aquarius moon and Cancer rising.”

日訳 : “私の太陽は双子座、月は水瓶座、アセンダントは蟹座です。”

月が水瓶座!(やはりw 僕と同じ!)

 

僕にとって超重要人物のホロスコープ判明ということでちょっと興奮しました。

(ティールは僕のスピリチュアルのメンターです)

 

出生時刻不明のままですが、アセンダント蟹座の範囲で、以下の二つの幅まで絞れます。

まずパッと見た感じ、

やっぱ、Publicの大衆(月7ハウス)や他者の精神的幸福(月8ハウス)に意識が向く感じなんだなあという印象。

ティールは今、ワークショップという形で公の前に立ち、ヒーラーとして世界中を回っていますね。日本にもいずれ来ると思います。その時は僕、関わります。笑

 

そして太陽が12ハウスであれば、まあそのまま精神世界・スピリチュアルの領域で太陽のエネルギーを輝かすということであり、

11ハウスであっても何かの目的や理想に向かって未来志向的に仲間と進んで行くという感じ。

(12ハウスと8ハウスの強調は、コンサルタントや相談役に多い星配置です。ヒーリング関係、カウンセラー、占い師、お医者さんなど)

 

月は水瓶座、太陽は双子座で両方とも風。

まさに。というところ

僕も月水瓶、太陽天秤の風風なので、そうなんだろうなあと思ってたw

風風のドライでロジカルな知性が光る。

だから僕はティールに強く惹かれたのかもしれない。

 

特に月水瓶座ということで、

やはり社会において重要で特殊でありたい欲求。

革新と個性化。

慣習を一から疑い社会を改善したい欲求、そこから生まれる人道主義的な人助け

なにより、頑なまでに自分の真理を追い求める信念。

※ちなみに水瓶座の支配星である天王星は、ヨーロッパで市民革命が起きていた時代に見つかっています。まさに古き慣習から脱却して革新するエネルギーです。このように地上での出来事と天上での発見はシンクロしているのです。

 

月と冥王星はかなりタイトなスクエア(オーブ2度以内!)

彼女のカルト集団による性的虐待などの壮絶な幼少期から考えるに非常に強い感情へのトラウマがあったはずです。

しかし、彼女は自己愛を獲得し、生還、そしてHigher Purpose(大いなる使命)を見つけたのです。

月と冥王星のスクエアは、多くの人に影響を与える遠大な情熱を感じさせます。

 

スピリチュアルの象徴、海王星は活動宮0度の牡羊ポイントに位置。

スピリチュアルという理想を現実の地に”おろす”(山羊)という事が大衆からの注目を集める。

さらにその海王星が太陽とオポジションでありそのエネルギーを対外的に発揮する模様。

 

月の支配星である天王星、つまりティールの月の欲求の表現先である天王星はペレグリン(メジャーアスペクトなし)で強調されている。

革新と個人主義の模索、独自のリズムでのそれらを過剰なまでに表現。

 

さらに、僕の目を引いたのが、

木星と天王星の双方から太陽に対するタイトなクインデチレ165度。

165度って大事です。

経験則的にも顕著に出るし、占星家ノエルティルが強調しているアスペクト。

感覚的にコンジャンクション、スクエア、オポジションと並ぶほど重要視されていい。

「こだわり、飽くなき意欲、熱中、過度の執着」のクインデチレ。

個人的にこのアスペクトは好きです。”熱”を感じるから。

エゴ(自我)、人生の目的のエネルギーである太陽へのクインデチレなので印象深い。

先ほど説明したペレグリンで強調された天王星、つまり革新と個性化へのこだわりと飽くなき意欲。

自分の意見を伝えること、思想を広めることを現す木星にもクインデチレで”熱”を感じる。

 

水星もペレグリンで、さらにファイナルディスポジター(自分の支配サインである双子座に位置)ということで、

水星の強調と深い動機がうかがえる。

(天王星と6.37度でオポジションとも見れるが、まあそれでも上記説明の天王星なのでとにかく顕著)

知覚において、独自の歩み。

ティールは透視などの超感覚を持っています。

 

最後に

火星 – 土星のコンジャンクション。

不屈の精神というところでしょうか。

 

とりあえず

そんな感じです!!

 

最後に気付いたのですが、月の支配星でありペレグリンで強調されてる天王星は8ハウスもしくは9ハウスを支配しています。他者の自己価値への関わり(8ハウス)もしくは宗教心や精神の拡張(9ハウス)への月の欲求。ヒーラーとしての意識。納得です。

※天職の方向性はMCから支配星を辿る(ノエルティル氏のMC拡張法)のですが、今回牡羊座か魚座か分からないので、割愛します。

それだけでも一記事になります。

 

ちなみに

MC魚座なら、海王星→土星(火星と合)→冥王星→金星→水星(ファイナルディスポジターなので終点)と見ていき、これらの天体が天職にかかわる”役者”ということ。そして、それらの在住ハウスと支配しているハウスを見て、繰り返し強調されるハウスを特定します。