トラウマ的感情に苦しむあなたへ

しょうごです。

 

今日はトラウマ的な感情について書きます。

何度も繰り返される嫌な感情です。

※一般的な嫌な感情においてもです

 

おそらく、心療内科や精神科などでいわゆる”病気”として診断されるものなんていうのは、これに当てはまるんじゃないでしょうか。

パニック障害や摂食障害やその他もろもろ。

何にも病気でもないのに、レッテルばかり貼りつける訳です。

 

診断される側はされる側で「ああ自分は”病気”だから、しょうがないんだ」と納得してしまう。

そして、そう思い込むのだから、ますますそれを現実化させてしまう。

薬を飲むことによって、ますますその思い込みを強化させる。

 

精神からくる身体的症状も、引き寄せの法則による現実化(Manifestation)の一つです。

 

僕も、強迫神経症などがあり、以前は薬とかも飲んでいたので分かるのです。

単なる一時しのぎ(頭を撹乱させる)だけで、自己愛・自己肯定感は下がるばかりです。

正直、医者は何をやってるか僕には理解できません。

 

僕は、今思えば病気でもなんでもなく、”自分自身と繋がっていなかった” だけでした。

 

で、

あなたが繰り返し嫌な感情を感じる原因は

 

分離です。

 

なんの分離か?

 

自分との分離です。

 

その嫌だと思っている感情(ありのままの大事なあなたの一部)との分離です。

 

つまり、その感情はあなたを追いかけ続けているのです。

「一緒になって。」

と。

 

「いい加減一緒になってよ。」

って。

 

その感情は、あなたが一緒になってあげるまで、あなたを追いかけ続けます。

つまり、統合されるまで。

統合とは、Integration

とか

become Whole(一体となる)と言います

 

※”陽”は”陰”があって、はじめて統合されます。

人は”陽”と”陰”が合わさって、はじめて統合されます。

この人類も、戦争とかいう”陰”を経験して、平和という”陽”に気づき、Onenessへ向かいます。

人類史というのはそれを繰り返してここまで来ています。

統合(Integration)を最もシンプルに現しているのはこのマークではないでしょうか。

 

で、

そんな難しい言葉を使わずに、じゃあどうすればいいか??というと、

 

簡単に言うと、

諦める

です。

 

いい意味です。

 

その嫌な感情を感じた時に、

抵抗せずに、

「ただその感情に浸る」

「しばらくその嫌な感情にそのまま居座る」

「ジャッジなしにその感情と一緒にいてあげる」

 

その感情と同化してあげる。

 

その感情に対して

“ただあなたと、今ここにいるよ。”

とそのまま感じてあげる。

感じてあげる勇気を持つ。

 

涙が湧き出てきたら一つ溶けた(浄化)されたという印だと思います。

 

その繰り返しで、徐々にその嫌な感情は消滅していきます。

あなたを追いかけ回す必要がなくなったからです。

統合されたからです。

 

抵抗を手放せばいい。

 

苦しみは全て、抵抗(Resistance)から生まれます。

現状に抵抗すること。

湧き上がった感情に抵抗すること。

ありのままの”今”に抵抗すること。

 

僕らの宇宙というのは、抵抗せずに、自分の喜び(Joy)に従っていれば、いい方向に流されるようにあらかじめセッティングされてます。

 

※Teal Swanは、トラウマセラピーとして、

この「無条件に、今、その感情といる」という事を、瞑想を通して、同じ感情を感じた過去の記憶を思い出させながらクライアントを導いてます。

(インナーチャイルドワークの様なもの)

 

いずれ、そのセラピーの動画なども日本語で紹介できればと思っています。

 

 

あなたの何かの気づきになれば、とても嬉しいです^^

 

では!