なぜ、ホロスコープを読むのか?単刀直入に。

しょうごです。

 

なぜ、ホロスコープを読むのか?

について、僕の考えを単刀直入に2点お話ししたいと思います。

 

ホロスコープとはあなたがこの地球に生まれた瞬間の天体配置です。

月と太陽を含む、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10天体が、

生まれた瞬間にどの星座にあり、どのハウス(部屋)にあり、そして各天体がどう関係しているか、を表した図です。

出生図とも言われます。

 

※以下は僕のホロスコープ(出生図)です。

 

で、なぜホロスコープを読むのか?というと、

まず一つは、

 

己を知る

 

ためです。

 

自分自身を知るため。

自分がどういう人間なのか?

自分は何を人生において欲しているのか?(潜在的欲求)

自分はどんな才能の元型をもっているのか?

自分はどんなことを社会に与えるよう生まれてきたのか?(社会的役割、つまり天職や使命)

 

などを知るためです。

 

いや、正確に言うと、「知る手がかり」を得るためです。

 

ホロスコープは、あなたに「じゃあ、あなたは税理士が向いてます」とか「じゃあ、医者に向いてます」とかそういうかたちでは、提示してくれません。

 

あくまで象徴的に、人の魂に刻み込まれた”ブループリント(青写真)”を提示してくれます。

 

たとえば、

僕の月の星座は水瓶座です。

月は、その人のもっとも根幹の欲求を表します。

月の欲求充足なしでは、人生はどこか空虚なものになるでしょう。

そして、水瓶座の月は「社会的に重要でユニークな存在でありたい」欲求を現します。

つまり、僕にとって、仕事にしても人間関係にしても、自分の個性を全面に表現できることが特に大事になってきます。

 

もう一つ僕の例を。

僕の社会的役割、英語でいうCalling(天から呼ばれた職業)というのは、

MC = 海王星/冥王星

で(細かい説明は抜きにして)、

何か形而上学的なもの、

この世の存在や仕組みを根底から探求するもの、

が天から求められている職業ということになり、

今このブログで書いているAstrology(占星学)やSpirituality(スピリチュアル)のような自然的なもの、と読めます。

 

自分らしく生きていこう!とか、好きなことで生きていこう!という流れのこの時代に、ホロスコープは「自分とは誰か?」を探る有効な手がかりとなってくれるのです。

 

 

二つ目は、

ホロスコープが指し示す、宇宙の美しさ です。

 

星配置から地上での出来事を探るAstrology(占星学)というものは、古代からずっと引き継がれて今に至っています。

つまり、時の風化に耐えてきたという歴史があります。

全くもってデタラメなものであれば、淘汰されて過去の歴史のどこかで無くなっているでしょう。

 

で、

ホロスコープが【なぜ】その人の魂のあり方を現すことができるのか?というのは、まだ明確に答えられる人はいません。

科学が追いついてないということです。

 

しかし、現代において有力な一つの説としては、

天上と地上におけるシンクロニシティ」と言われています。

 

つまり、あなたが生まれた瞬間、

あなたがこの地球におちて、はじめて呼吸をした瞬間の

天空での出来事(星配置地上での出来事(あなたがシンクロしているということです。

エネルギーがお互いに共鳴したということです。

 

その瞬間の天空のエネルギーが、あなたの魂に転写された、とも言えるでしょう。

 

僕はこれは実に美しい、宇宙の摂理だと思っています。

ある種の感動です。

 

そして、この感動が僕をAstrology(占星学)に目覚めさせてくれた理由です。

 

 

では、

そんな感じです!^^

 

しょうご